ドライバーの為に不正と戦い、安全運転の為に活動しているにんにんの公式サイト

【車中泊商標問題】④黒幕は「らんたいむ」だった

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理者のNinjaにんにんは 全国のドライバーの安全を守る活動をしております。 その中で一部の道の駅が不正に「独自ルール」によってドライバーを危険にさらしていると知り、国と争った結果、国土交通省より「車中泊禁止、車中泊ご遠慮」といった車内での休憩、仮眠を妨害する様な表現は不適切だと正式に認められた結果、不適切な看板の撤回撤去をしております。 実績は中国地方104カ所の道の駅と全国19カ所の計123カ所(2021年5月現在)の 車中泊禁止、車中泊ご遠慮、長時間駐車の禁止の看板の撤回撤去をさせていただいております。 活動についてはYouTubeでも報告させていただいています。

らんたいむが黒幕?

クロワークスの「やらかし炎上ライブ」【車中泊商標問題】②クロワークス4時間の炎上ライブ)で、クロワークスさんが「車中泊の商標登録はらんたいむさんから持ち掛けられた。」と言っています。

そして、この4時間にわたる「やらかし炎上ライブ」の後にらんたいむさんがサブチャンネルの方に、慌てたように動画を出しました。

現在は炎上して低評価や批判コメントが多くなっているので、限定公開にしています。(限定公開とは、URLからしか動画を見ることが出来ない設定です。らんたいむさんのサブチャンネルを探しても見ることは出来ません。)

※現在は記事の公開後に、らんたいむさん自身が非公開へ設定したので動画を視聴できなくなっております。闇に葬るのはでなくて、訂正があるのならしっかり訂正してほしいと思います。

らんたいむさんの動画はこちらです※記載後、らんたいむさんご本人が非公開へ設定しました

タイトル「クロワークスを訴えます(笑)「車中泊」商標登録と道の駅のお話をさせて頂きます」

らんたいむさんの説明動画

凄く遠まわしと言うか、全体的に濁しながらのお話なので、良くわからない部分もあります。

大まかに説明すると、クロワークスさんがらんたいむさんの住む岡山まで来た時に、ある企業が「車中泊」の商標登録を出しているという話になり、車中泊の動画を出せなくなると困るので、僕たち(らんたいむさんとクロワークス)も商標登録を出そうという話になったそうです。

いざ申請しようとなった時に、色々考えた結果、らんたいむさんは「ほんとにそれでいいのかな?車中泊はみんながやるものだ、僕個人で取得していいのかな?」と考え直した結果、「荷が重いので辞退させてもらいます。」とクロワークスのすぐる代表に話したそうです。

動画の中でらんたいむさんは

「自分だけのものにするつもりがなかったから下りた。」

「僕が黒幕みたいになってるけど、下りたので何も知らない。なにもない。」

と言っています。

道の駅での車中泊に関して

動画の半分辺りから、道の駅の車中泊に関してお話しています。

「道の駅での車中泊に関して、道の駅は自分の持ち物では無いので、車中泊して良い悪いは言えない。」

「国土交通省が車中泊NGやご遠慮と言っているなら、道の駅で車中泊しないで、有料のRVパークやカーステイを利用すれば良いんじゃないか。」

「道の駅での撮影してYouTubeで出せば、お金になるし儲かるけど、有料施設を視聴者に紹介した方が有益だと思っている。」

というようなことを言っています。

これについて思ったのは、「道の駅は自分の持ち物では無いから良い悪いは言えない」と言いながら、勝手に自分の考えで、「国土交通省が車中泊NGやご遠慮と言っている」と事実ではないことを言っているではないかと言う事。そして何としても有料のRVパークへ繋げたいという思いが見えてしまう事。

道の駅での車中泊はせずに、有料施設を視聴者に紹介した方が有益だと思っているについては、なにが有益なのか?

道の駅の素晴らしさやお土産の紹介や施設の紹介をする事も視聴者にとって、かなり有益であるし、地域創生の柱となる。

道の駅は1,180カ所あるが現状は売上などかなりの低迷しているので、どんどん人が来てほしいという状態です。

らんたいむさんが、宣伝することは道の駅にとっても、視聴者にとっても有益ではないでしょうか。

※ここで勘違いしてほしくないのは、もちろんRVパークや有料施設を宣伝することをダメだと言っているわけではありません。道の駅で車中泊はダメだから有料施設へという図がダメだと言っています。

この動画に対しての視聴者コメント

この動画に対して、視聴者さんから様々なコメントが寄せられました。

その一部を抜粋してここに載せます。

「なんか責任逃れのように聞こえました。 申請直前に降りたってことは、それまではガチで関わってたってことですよね?それなのに「私は悪くない!」というスタンスは社会人として通用しないのでは‥‥ (略)」

「本当に刑事告訴をすると怒っている人がいるのにそれを茶化すのはどうなんでしょう。らんたいむさんの動画好きだったのに…。」

「(略)回りくどいいい方はさらに誤解、憶測を呼びます。やめた方がいいのでは?」

「クロワークスのライブではらんたいむさんから話を持ち掛けられたと言ってますが 最初申請を持ち掛けたのはどちらなのでしようか?」

「サムネでふざけてるあたり、真剣に怒ってる人がいる事、伝わってないんだろうね RV協会等とは一切関わりがありません? ほんとかね」

「事の重要さ分かっていたらクロワークスに申請を取り下げさせますって言うのが筋じゃない?仲いいんでしょ?」

「休憩や仮眠の定義って何?人それぞれで疲労の回復に要する時間は違う。確かにキャンピングカーで連泊しているのは目的外使用ではあると思います。車中泊禁止するなら道の駅の看板下ろすべき。話をそらして他の施設使えばいいだろってのはお笑いやわ。」

「何とも、後味の悪い内容になりましたね。 これからも、らんさんは、普通に動画アップを待ってます!」

「大事な事を伝えたい聞いて欲しいと思うなら、話す内容を整理してゆっくり丁寧に喋った方が良いと思います。」

「タイトルに悪意を感じ取れます、あなたの人間性も同じなのでしょう」

「らんたいむさんが結局何が言いたいのかよくわからない。」「正直に話しているように見えて、具体的な真相を話していない。」「クロワークスさんとは今後関わらないでほしい。」というような内容のコメントが多く見られました。

私からのアンサー動画

このらんたいむさんの動画を見て、私(にんにん)は動画の感想と意見を述べる動画を出しました。

らんたいむさんが正直に、商標登録にかかわっていた事、途中で「自分だけのものにするつもりがなかったから下りた。」と証言してくれた事に関しては感謝しています。

しかし、私に「道の駅で車中泊という言葉を使うな。」と言った理由や、具体的な内容が無かったのが残念でした。

そして、道の駅での車中泊についてですが、これは私が今まで主張していた、「RV協会や有料施設と繋がる為に、間違えた内容の発信している人や、印象操作をしている人がいる」という内容を証明するような発言だったので、らんたいむさんの口から、道の駅での車中泊について聞けたことは良かったと思っています。

らんたいむさんが、全国で開催されるキャンピングカーショーに参加して、オフ会代わりに使う為には、RV協会の意図や意思を尊重しないといけないので、それが証明された発言でもありました。

RV協会や有料施設と繋がる為に、間違えた内容の発信している人や、印象操作をしている人がいる」と言うのは、具体的に「車中泊」と「休憩・仮眠」を分けることによって、利害関係のある人が、「車中泊」を独占しようとしているという内容です。つまり、「道の駅で車中泊が出来ません!車中泊する方はRVパークなどの有料施設を利用しましょう!」と言うことです。

らんたいむさんはまさにこれと同じことを言っていました。

今回のらんたいむさんの動画で、道の駅の車中泊に対する考えを聞けたのは良かったのですが、やはり車中泊業界で影響力のあるらんたいむさんには、間違った認識の発言をするのは止めていただきたいですし、訂正していただきたいところでもあります。

結論と私の考え

結局らんたいむさんもクロワークスさんと同じように、状況を把握しないまま動画を出してしまった事、曖昧な部分を多く残してしまった事、私は下りたから関係ないというスタンスだった事、道の駅の車中泊について勝手な発言した事で、動画に多くの低評価が付いてしまったんだと思います。

動画の説明欄にはRV協会とは一切関わりが無いと書いてありますが、実際には動画の中でRV協会に関係する人に商標登録について聞いたと言っていました。

恐らくそれはダイレクトカーズ(RV協会の正会員)さんだと思います。

らんたいむさんは、幾度も「私はRV協会とは関係ない」と言っていますが、結局今回の件や今回の動画に関しても「RV協会さんとの付き合いを選び、出来るだけRV協会さんを怒らせないようにした」という動画に見えました。

その後スーっと無関係かのように消えていったらんたいむさんは、さすが立ち回りがうまいなと思いました。

次回の記事はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
管理者のNinjaにんにんは 全国のドライバーの安全を守る活動をしております。 その中で一部の道の駅が不正に「独自ルール」によってドライバーを危険にさらしていると知り、国と争った結果、国土交通省より「車中泊禁止、車中泊ご遠慮」といった車内での休憩、仮眠を妨害する様な表現は不適切だと正式に認められた結果、不適切な看板の撤回撤去をしております。 実績は中国地方104カ所の道の駅と全国19カ所の計123カ所(2021年5月現在)の 車中泊禁止、車中泊ご遠慮、長時間駐車の禁止の看板の撤回撤去をさせていただいております。 活動についてはYouTubeでも報告させていただいています。

Copyright© 車中泊 , 2020 All Rights Reserved.